お役立ちコンテンツ

702403 認知症のBPSDのために行われる薬物治療の進め方とポイントとなる薬物治療検討のための4つの条件

認知症の認知機能障害やBPSDに対して薬物療法が行われています。認知症の予防や進行を止めたりする薬剤はまだあり […]すべて読む

702402 認知症の治療は薬物治療を検討する前に認知症ケアやリハビリテーションの介入をまず考慮

認知症の治療においては、認知機能の向上や認知症の行動・心理症状(BPSD)の低減を目的とした薬物療法が行われて […]すべて読む

702401 認知症の鑑別診断で中心となるのは神経心理検査による診断で画像診断は補助的診断

認知症の鑑別診断は、既往歴、現症、身体所見、ADL、神経心理検査、血液検査、画像検査などを行うことで、認知症の […]すべて読む

702305 認知症高齢者のいのちを保つため認知症の進行を抑止するためには心地好い口腔ケアが必要?

口腔は、いのちを保つために必須となる栄養摂取のために、摂食・咀嚼・嚥下機能を担う器官であります。口腔内環境を適 […]すべて読む

702304 認知症高齢者の活動性低下を防ぐにはフレイルティ・サイクルを断ち切るのが一番?

認知症高齢者に対して認知症の進行やBPSDへの対応が優先されるために、健康状態の維持や改善についての配慮が十分 […]すべて読む

702303 認知症高齢者の低栄養の原因は認知症のために美味しく・楽しく・心地好く食事が出来なくなること?

認知症高齢者の低栄養は、多くの高齢者の低栄養の要因となる[咀嚼力、嚥下力の低下]、[義歯、歯周病、齲歯などの口 […]すべて読む

702302 -便秘-認知症の高齢者の便秘予防や対策に特に必要と考えられる4つの配慮

排便とは、体内から腹圧と直腸・肛門機能によって便が体外に排出されることですが、加齢に伴う成長とトイレット・トレ […]すべて読む

702301 -脱水-高齢者が脱水症になりやすいのは若年者に比べると体内の水分量が不足して脱水になってるから?

ヒトの身体は、およそ半分以上が水分で出来ていて、加齢による身体器官・組織の生理的老化に伴いホメオスタシスの低下 […]すべて読む

702218 -軽度認知障害-認知症の早期発見・早期治療のために期待されている軽度認知障害の有症率は11~17%

軽度認知障害(MCI)は、認知機能の正常な状態と認知症との境界領域にある認知障害の状態で、認知症の前駆状態であ […]すべて読む

702217 -特発性正常圧水頭症-原因疾患が特定出来ない60歳以上の高齢者に起きる正常圧水頭症

特発性正常圧水頭症(iNPH)とは、60歳以上の高齢者に起きる正常圧水頭症で、原因疾患が特定出来ないにもかかわ […]すべて読む

702216 -慢性硬膜下血腫-脳の表面にある架橋静脈が揺さぶられて引っ張られて出血して起きる治療可能な認知症の代表

治療可能な認知症(treatable dementia)の代表とも言われているのが、慢性硬膜下血腫であります。 […]すべて読む

702215 -脳腫瘍-高齢者では発症部位によって様々な認知症症状だけが見られる場合もある脳腫瘍は133種類

脳腫瘍とは、頭蓋骨の内側に出来る腫瘍の総称です。脳腫瘍は、腫瘍が出来た場所による分類として、原発性脳腫瘍と転移 […]すべて読む

702214 -感染症-中枢神経感染症による認知障害は「治療可能な認知症」で重要になるのが早期診断・早期治療

中枢神経感染症による認知障害は、病原微生物の感染が生じる事で起きるだけでなく、感染症の治療後の後遺障害としても […]すべて読む

702213 -プリオン病-人畜共通感染症で狂牛病として怖れられたこともあるのがプリオン病

プリオン病は、神経細胞表面にある正常プリオン蛋白(正常型プリオン蛋白)が、異常構造体である異常プリオン蛋白(感 […]すべて読む

702212 -薬物有害反応-高齢者が薬物を投与されることで起きる薬物有害反応で生じる認知症と認知症様症状は3種類

高齢者が薬物の投与によって、非可逆的な認知症を来すことは、一部の抗がん剤や抗糖尿病薬を除くと少ないとされ、睡眠 […]すべて読む

702211 認知症患者が飲酒のコントロールを失ってアルコール依存になった場合に断酒をすると認知症症状が軽減する?

高齢者では、飲酒後のアルコール濃度が低下する割合は、若年者とは大きく変わらないとされていますが、血中のアルコー […]すべて読む

702210 アルツハイマー病と類似点が多いものの甲状腺機能低下症は治療可能な認知症

≪甲状腺機能低下症≫ 甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンの不足により全般的な代謝が低下する疾病で、発症頻度が比 […]すべて読む

702209 ビタミンB12欠乏症は5種類の葉酸欠乏症は4種類の原因がありいずれも治療可能な認知症

≪ビタミンB12欠乏症≫ ビタミンB12は、体内では肝臓や腎臓に4~5mg存在するとされており、1日最低必要量 […]すべて読む

702208 -ビタミンB1欠乏症-治療可能な認知症でありながらも時期を失してしまうと後遺症のコルサコフ症候群に至るビタミンB1欠乏症

ビタミンは、食事によって摂取されて、ヒトの身体の機能を正常に保つためには、必要量は微量ながらも必須の栄養素(補 […]すべて読む

702207 -血管性認知症-昔はわが国の認知症のトップであったがアルツハイマー型認知症にトップを譲ったのが血管性認知症

血管性認知症(vascular dementia:VaD)は、脳血管障害(cerebrovascular di […]すべて読む