トップ > お役立ち情報TOP > チェックシートダウンロード > 介護施設に騙されない為の「入居見学時チェックリスト」

介護施設に騙されない為の「入居見学時チェックリスト」

介護施設を見抜くポイントは職員の「人柄」

介護施設への入居を考えている方は、入居するまえに必ず施設見学を行いましょう。
事前に介護施設の様子を確認しておくことによって、施設選びの失敗を減らすことができるからです。しかし、施設を見学するときにはただ漫然と見学をしているだけは、いけません。施設側はふだんよりも「背伸び」をして良く見せかけている可能性があるのです。そこで、ここでは介護施設を見抜くポイントを紹介します。そのポイントとは職員の人柄です。職員の人柄は施設の雰囲気に大きな影響を及ぼします。しっかりとチェックをしてほしいと思います。

施設長の理念や信念が重要

介護施設では施設長が職員たちをまとめる役割を担っています。私の知っているケースでは、施設長の人間性に問題がある場合には職員に対して悪影響が及びます。つまり、施設長の人柄によって施設の質が大きく変わるということです。施設長の人柄をチェックする為には30分程度の会話をしてみましょう。その中で高齢者介護に対する理念や信念を確認してください。理念や信念に関する話題が出ない場合には、経営面にしか関心のない冷徹な施設長である可能性があります。施設長の冷徹さは現場の職員にも伝染する危険がありますので注意が必要です。

利用者の弱みにつけこむ営業トーク

また、説明担当者の人柄にも確認するべきポイントがあります。あまりにも営業トークが多い場合には注意をしましょう。特に利用者の弱みにつけこむ場合は危険です。地域によってはなかなか介護施設に入居できない場合があります。その為、説明担当者から「最後の一部屋です」、「今決めないとすぐになくなります」などと言われるとすぐにでも契約しないといけない気持ちになります。しかし、このような台詞は営業トークであることが多いのです。営業トークが多い施設は利用者のことよりも利益や成績を優先する可能性があるので注意しましょう。



お読み頂いた記事は参考になりましたか?より有益な情報は会員限定のメルマガで無料配信しております。
矢印まずはメールアドレスを入力して会員登録してください。


関連記事
施設への電話は見学の始まり・・・施設の医療に関係するサービス体制を確かめましょう
施設への電話は見学の始まり・・・介護サービスの対応状況を聴き取りましょう
重要事項説明書で施設の契約内容に関する項目をチェックして見学準備開始
重要事項説明書で施設の介護サービスをチェックして見学準備開始
有料老人ホームの立地や建物などをネッドなどでチェックするのがはじめの一歩
都道府県政令市が公開しているインターネットで公開している情報をチェックする
有料老人ホーム調査で有料老人ホームと介護施設等とを比べてみると
有料老人ホームの運営者について知りましょう
有料老人ホーム調査でわかる有料老人ホームのこと
介護老人保健施設の情報をインターネットでチェックする

Facebookをされている方は以下より「いいね!」して頂ければ、定期的に情報を配信致します。