トップ > お役立ち情報TOP > 介護職員初任者研修

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修の資格を取得するための情報を掲載していきます。

702206 -ハンチントン病-ハンチンチン遺伝子のCAG反復数によって症状が異なる常染色体優性遺伝性疾患

ハンチントン病(Huntinghton Disease:HD)は、わが国では10万人に0.1~0.38人の発症 […]すべて読む

702205 -大脳皮質基底核変性症-τ(タウ)タンパクが異常に蓄積してゆく神経変性疾患

大脳皮質基底核変性症(corticobasal degeneration:CBD)は、原因が不明である脳神経変 […]すべて読む

702204 -進行性核上性麻痺-目の動きを調節する上位の神経機構の障害に現れることから名付けられた変性疾患の進行性核上性麻痺

進行性核上性麻痺(progressive supranuclear palsy:PSP)は、1964年にSte […]すべて読む

702203 -前頭側頭型認知症-アルツハイマー型認知症とは対比的に脳の前方部が徐々に萎縮する前頭側頭型認知症

前頭側頭型認知症(frontotemporal dementia:FTD)は、前頭側頭葉変性症(frontot […]すべて読む

702202 -レビー小体型認知症-欧米ではアルツハイマー型認知症に次いで2番目に多い認知症がレビ-小体認知症

レビー小体型認知症(dementia with Lewy bodies :DLB)は、1995年の国際ワークシ […]すべて読む

702201 -アルツハイマー型認知症-神経系の変性疾患で65歳以上で発症が多くなるアルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症(Alzheimer-type dementia:ATD)は、神経系の変性疾患で、発症の […]すべて読む

702106 -若年性認知症-医療機関関係者にも十分知られていないのが若年性認知症の難しさ?

若年性認知症は、18~64歳の間で認知症が発症した人をいいます。介護保険制度が開始されるまでは、概ね60歳未満 […]すべて読む

702105 7つの特徴で比べてみる<生理的老化>によるもの忘れと<病的老化>によるもの忘れ(認知症)

もの忘れには、加齢に伴う生理的老化によるものと、病的老化によるものがあります。生理的老化によるもの忘れは≪健康 […]すべて読む

702104 -神経変性疾患-「何が何だかわからない」原因不明の脳神経疾患に名付けられたのが神経変性疾患

神経変性疾患とは、脳・脊髄にある神経細胞の中で、ある特定の機能を持つ神経細胞群が、徐々に障害を受けて脱落して行 […]すべて読む

702103 認知症は進行性で非可逆的な疾病から進行性or不変or改善の疾患となって来ておりいずれは根治可能な疾患へ?

認知症は、過去に於いては≪進行性≫で≪非可逆的≫な疾病として捉えられていました。認知症様症状をきたす疾患の中に […]すべて読む