トップ > お役立ち情報TOP > お金の悩み > 高額介護サービス費制度を知っていますか?介護におけるお金の悩みを解決しよう

高額介護サービス費制度を知っていますか?介護におけるお金の悩みを解決しよう


介護におけるお金の問題

高齢者の介護と切り離すことができない問題は、介護にかかるお金の問題です。すべての介護を家庭だけで担うことは大変ですので、訪問介護や施設介護を利用する場合が多いですが、そうした介護サービスを利用するときにはお金がかかります。皆様の中には既にご家族の介護を経験されている方もいるかと思いますが、たくさんの費用がかかってしまうことに悩んでいる方がいるかもしれません。そこで、今回は介護にかかるお金に関する悩みを皆様に紹介します。

介護保険の上限額と自己負担

介護サービスを利用している家庭からは、「介護保険を利用しても、意外に大きな金額がかかってしまう」という悩みの声がよく聞かれます。介護保険とは介護サービスにかかる費用に対して支給される公的な保険であって、介護保険を利用すると介護費用の1割を負担するだけでよくなります。利用者にとっては大変ありがたい制度ですが、保険が適用される介護費用には上限額が決まっています。例えば、要介護度1の場合にはおよそ16万が上限額になっていますので、この金額を超えた部分の介護費用は全額自己負担をすることになります。こうした「落とし穴」がお金の悩みの原因になっているのですね。

高額介護サービス費制度で介護費用を節約

このような悩みを解決するヒントを皆様に紹介します。ずばり、「高額介護サービス費制度」を活用することです。一般的な家庭の場合ですと、1ヶ月の介護費用負担額が37200円を超えますと、超えた金額が後ほど返ってきます。これが「高額介護サービス費制度」なのです。自己負担額が大きい場合にこの制度を活用すると介護費用を節約することができます。ただ、この制度の注意点は申請が必要なことです。「高額介護サービス費制度」を利用したい場合にはお住まいの市町村への申請を忘れずにしてくださいね。



お読み頂いた記事は参考になりましたか?より有益な情報は会員限定のメルマガで無料配信しております。
矢印まずはメールアドレスを入力して会員登録してください。


関連記事
仕事を辞めて介護に専念するべきか、施設介護を利用するべきか、どちらが「お得」?
老後資金の救世主、最近話題の「リバースモーゲージ」を知っておこう!
ご両親の財産が狙われているかもしれません…悪徳業者の事例と対策を紹介します
高齢者のお金の管理、サポートします!「日常生活自立支援事業」を利用しよう。
介護費と医療費のダブルパンチにお悩みの方に朗報!「高額介護合算療養費」の制度を活用しよう
知らないと損をしているかもしれません…お得な「高額介護サービス費制度」を理解しよう!
介護保険の適用外でも一安心!自治体独自の介護サービスを利用しよう
介護保険を使えない場合があるの!?介護保険適用外の費用を知っておきましょう
高額介護サービス費制度を知っていますか?介護におけるお金の悩みを解決しよう

Facebookをされている方は以下より「いいね!」して頂ければ、定期的に情報を配信致します。