トップ > お役立ち情報TOP > 在宅介護のお役立ち情報 > すぐにオムツをはかせていませんか!?介護における排泄の悩みと正しい解決法を紹介

すぐにオムツをはかせていませんか!?介護における排泄の悩みと正しい解決法を紹介


認知症高齢者の「おもらしの問題」

ご家族を介護する中でよくある悩みが排泄の悩みです。特に認知症の高齢者の場合には、「おもらしの問題」が重要な排泄の悩みになります。おもらしの問題は、介護をされる側にとっては恥ずかしさやふがいなさを感じる問題です。一方で介護をする側にとっては臭いが気になったり、手間がかかったりする問題です。そこでここではおもらしに関する悩みのケースを紹介しますので、おもらしの問題にお悩みの方は参考にしてみてください。

安易なオムツは間違った対応

認知症の高齢者は何度もおもらしを繰り返す場合が多いです。何度注意されても改善することは少ないですから、介護者にとっては大きな悩みになります。高齢者のおもらしに対しては、安易にオムツをはかせますがこれは間違った対応です。軽度認知症の高齢者はオムツをはくことへの恥ずかしさがまだまだあります。ここで安易にオムツをはかせることで高齢者の自尊心を傷つけることになってしまいます。人間としての尊厳を失わせることになりますので、認知症の進行を促進してしまう可能性もあります。

トイレサポートで問題解決

こうしたおもらしの問題への正しい対処方法は安易にオムツをはかせないことです。大変かもしれませんが、まずは自分で排泄できるようにサポートすることが正しい方法です。具体的な方法としては、毎日決まった時間にトイレに連れて行くこと、ご家族のお部屋をトイレに近い場所に移すこと、ご家族のお部屋に簡易型のトイレを用意することなどです。このようなサポートをすることで認知症の高齢者のおもらしが軽減したケースはよくあるのです。おもらしが軽減することによって認知症のご家族が自信を取り戻すことにもつながります。全員が幸せになれる解決方法ですので、おもらしの問題にお悩みの場合は一度お試しください。



お読み頂いた記事は参考になりましたか?より有益な情報は会員限定のメルマガで無料配信しております。
矢印まずはメールアドレスを入力して会員登録してください。


関連記事
認知症のBPSDのために行われる薬物治療の進め方とポイントとなる薬物治療検討のための4つの条件
認知症の治療は薬物治療を検討する前に認知症ケアやリハビリテーションの介入をまず考慮
認知症の鑑別診断で中心となるのは神経心理検査による診断で画像診断は補助的診断
認知症高齢者のいのちを保つため認知症の進行を抑止するためには心地好い口腔ケアが必要?
認知症高齢者の活動性低下を防ぐにはフレイルティ・サイクルを断ち切るのが一番?
認知症高齢者の低栄養の原因は認知症のために美味しく・楽しく・心地好く食事が出来なくなること?
-便秘-認知症の高齢者の便秘予防や対策に特に必要と考えられる4つの配慮
-脱水-高齢者が脱水症になりやすいのは若年者に比べると体内の水分量が不足して脱水になってるから?
-軽度認知障害-認知症の早期発見・早期治療のために期待されている軽度認知障害の有症率は11~17%
-特発性正常圧水頭症-原因疾患が特定出来ない60歳以上の高齢者に起きる正常圧水頭症

Facebookをされている方は以下より「いいね!」して頂ければ、定期的に情報を配信致します。