トップ > お役立ち情報TOP > 在宅介護のお役立ち情報 > 安易にオムツに頼ってはいませんか? オムツの前にできる失禁対策を試してみよう!

安易にオムツに頼ってはいませんか? オムツの前にできる失禁対策を試してみよう!


オムツは便利な失禁対策
 排泄の問題は介護と切り離すことができないテーマです。特に、高齢になると失禁の問題が一般的になります。みなさまのご家庭ではどのような対策をされていますでしょうか?失禁をしますと、下着や寝具がおしっこで汚れてしまい、取り替えや掃除が大変です。毎日の介護をスムーズに行うために、オムツを使っているご家庭は多いと思います。最近のオムツは高機能なものがいろいろありますので、介護をされる側にとっても、介護をする側にとっても、快適に使うことができますよね。

オムツの前にできる、かんたんな失禁対策
 ただ、オムツを使う前に、試すことができる失禁対策がたくさんあることをご存知でしょうか?かんたんにできる失禁対策をご紹介します。まず、「トイレに行く途中で失禁をしてしまう方」への対策としては、「その方のお部屋を、できるだけトイレに近いお部屋に移動する」方法があります。トイレに間に合いさえすれば、失禁することはありませんよね。また、「自分でトイレに行けるが、尿意がない方」には、「決まった時間に、トイレに行くことを促す」方法がオススメです。定期的にトイレに行く時間をもうけることで、尿意に関係なく排尿をすることができます。

筋肉を鍛える、失禁対策トレーニング
 排尿の機能を改善させる方法もあります。お腹に力をいれたはずみによって失禁をしてしまう方は、「骨盤底筋」を鍛えることで排尿機能が改善できる可能性があります。排尿に関係する筋肉が衰えることで起こる失禁があります。この場合、衰えてしまった筋肉を鍛えることで、排尿機能の復活につながるのですね。失禁対策トレーニングを行える老人介護保健施設があります。デイケアで利用すると便利ですよ。担当のケアマネジャーさんに相談してみてください。



お読み頂いた記事は参考になりましたか?より有益な情報は会員限定のメルマガで無料配信しております。
矢印まずはメールアドレスを入力して会員登録してください。


関連記事
認知症のBPSDのために行われる薬物治療の進め方とポイントとなる薬物治療検討のための4つの条件
認知症の治療は薬物治療を検討する前に認知症ケアやリハビリテーションの介入をまず考慮
認知症の鑑別診断で中心となるのは神経心理検査による診断で画像診断は補助的診断
認知症高齢者のいのちを保つため認知症の進行を抑止するためには心地好い口腔ケアが必要?
認知症高齢者の活動性低下を防ぐにはフレイルティ・サイクルを断ち切るのが一番?
認知症高齢者の低栄養の原因は認知症のために美味しく・楽しく・心地好く食事が出来なくなること?
-便秘-認知症の高齢者の便秘予防や対策に特に必要と考えられる4つの配慮
-脱水-高齢者が脱水症になりやすいのは若年者に比べると体内の水分量が不足して脱水になってるから?
-軽度認知障害-認知症の早期発見・早期治療のために期待されている軽度認知障害の有症率は11~17%
-特発性正常圧水頭症-原因疾患が特定出来ない60歳以上の高齢者に起きる正常圧水頭症

Facebookをされている方は以下より「いいね!」して頂ければ、定期的に情報を配信致します。